日座天中殺、仕事運が良くスタート役向きの運勢

算命学には天中殺を宿命に持つ人がいます。それを宿命天中殺と呼びます。今回は日の干支に甲戌と乙亥をもつ日座天中殺を紹介します。日座天中殺は、家庭運に問題が起きやすいものの仕事運は良く、スタート役が向いています。不完全なものを受容していくことがあれば、日座天中殺を輝かせることができ、大きな成功を手にすることができます。

宿命二中殺、ダブルの天中殺をもつ常人の枠を越える運勢

算命学の天中殺には、生まれながらにもつ宿命天中殺というものがあります。その中でも宿命二中殺と呼ばれる運勢の人は、常人の枠を飛び越え、人ができないことを成し遂げられる可能性をもっています。その代わり運勢の困難も大きく、独立独歩で自力で運勢を切り開かなければいけません。

生日天中殺、親に理解してもらいにくい運勢!

算命学の天中殺には生まれながらに持っている、宿命天中殺というものがあります。今回はその中から生日天中殺を紹介します。親に理解されにくい運勢をもち、親と離れていくことで運勢が開かれています。また、結婚することで現象化される場合もあります。

生月天中殺、家系からはみ出して開運する運勢!

算命学の占いの中には生まれながらに天中殺をもつ、生月天中殺を紹介します。この宿命天中殺は家系との縁が薄くなり、家系から離れて新たな道を進む運勢になります。さらに、社会との縁も薄く、自営業や小さな組織の方が向いています。自立こそが最大の開運方法となり、運勢のスタートになります。

生年天中殺、親元を離れて開運する運勢!

算命学の中には宿命にもつ天中殺があります。その一つ生年天中殺は、親との縁が薄くなり、親と離れることで開運する運勢をもちます。一人暮らしをして、自活していくことが運気を上げるためには必須です。

刑(位相法)、人間関係のトラブルに注意の運勢

算命学の陰占から見る位相法。今回は刑についてです。刑は勢気刑・旺気刑・庫気刑・自刑の4種類に分けることができます。どの刑も人間関係のトラブルには注意しなければいけません。刑を上手く生かせば、複数の物事を同時にこなせる多才性に繋がっていきます。

9月29日、特別企画「1日で10分鑑定ができる算命学講座・運勢編」

算命学の運勢を読み解く特別講座を9月29日渋谷で行います。1日で10分鑑定ができるようになってもらえる講座となっていて、「今年の運勢」「結婚に良い年」「転職に向いている年」などがわかるようになります。初心者の方でも受講できる内容になっていますのでご安心ください。

害(位相法)、異次元の人を引き寄せる運勢

算命学の陰占から運勢を見る位相法。今回は「害」についてです。害は価値観が違う異次元の相手を縁ができる運勢です。そこで反発をすれば、人間関係で揉めてストレスを抱えることになるでしょう。受け入れることができれば刺激を受けて、成長できる運勢の時期に変わります。

対冲、180度違う異質なものと衝突する運勢

算命学の陰占で見る技法の一つ位相法。今回は対冲です。対冲は180度違う十二支の組み合わせによってできる上がるため、衝突の運勢になります。そのため、人生に波乱が起きやすくなり、アップダウンの激しい運勢を歩みやすくなります。