干合双連、ベストカップルと呼べる最大級の良縁の相性

算命学の干合の中でも最も縁が深く相性の良い運勢が干支双連です。天干が干合し、地支が支合している状態が干支双連で、心と体が結びつき合っている状態と考えます。宿命の中に干支双連を持つ場合は、家系や親との縁が深くなります。

二重干合、二度の結婚運。浮気や不倫に注意!

算命学の占いでは、離婚に注意しなければいけない運勢があります。その一つが二重干合です。異性運は強くモテる運をもってはいるものの、異性関係が乱れやすく、結婚後も他の異性が現れる危険性を秘めています。

干合、運命の人に出会える結婚の時期

算命学の占いで最も結婚運が高まる運勢の時期が「干合」です。この時期に入ると運命の人といえるぐらいの相性の良い相手と出会える可能性が高まったり、恋人がいれば結婚願望が高まり結婚を決めたりします。干合の相性をもつ相手とは、縁深い関係になり、別れることなくいつまでも続く二人です。

天剋地冲、破壊現象が起きやすい運勢

算命学の天剋地冲は、人生のどこかで破壊現象をが起きる運勢です。例えば、離婚や失業やケンカなどが考えられます。そのため、人生は波乱万丈になりやすい傾向があります。また、性質的にも激しさをもち、感情が爆発することもあるでしょう。ただし、それらを乗り越えていければ、大きく飛躍して成功を手することも可能です。

大半会、枠から飛び出て拡大する運勢

算命学の特殊な運勢をもつ大半会。大きく拡大していく運勢をもち、世界を股にかけて活躍する可能性をもっています。また、普通の人以上の発展運をもつため、大きな結果を手にすることもあるでしょう。ただし、広げ過ぎて収集つかなくなり、失敗することもあるので気をつけましょう。

納音、外面が変化する時期

算命学の特殊な運勢の一つ納音。予想に反した動きになり、予想外の成功を手にすることもあります。流されてみると上手く行くことがあるので、迷った流れに身を委ねましょう。また、外と内で別の顔を持つ二面性があります。それが周りからは、秘密主義のように思われる場合もあります。

律音、内面が変化する時期

同じ干支をもつ宿命や後天運で同じ干支が回ってくる年を律音呼びます。算命学の中でも特殊な運勢にあたり、重要な意味をもちます。宿命に持つ人は、狭く深くの人生を歩みやすく、専門的な分野に進んでいくと飛躍しやすいでしょう。後天運で回ってくる場合は、価値観や内面に変化が起き、人生が大きく変わっていくことも考えられます。また、再出発の時期でもあります。

大運天中殺、過ごし方次第で大きく開運する20年になる!

算命学の運勢を見る技法で最も有名な天中殺。その中で大きく飛躍する可能性をもつのが大運天中殺です。20年間回ってくるのですが、スタートの過ごし方次第では、その後天中殺期間の20年位は、本来の運勢以上の成功をつかめる可能性があります。大運天中殺の正しい知識をもって、上手に天中殺を活用しましょう。

印局、新しい時代を築く知性派タイプ

算命学の陽占から導き出す局法。その中から八相局の一つ、「印局」を紹介します。印局は、知能指数が高く、人とは違う道を歩む、改革者的な運勢をもっています。そのため、人真似では独自路線を突き進むことが大切です。考え過ぎて秘密主義になることもありますが、それがミステリアスな魅力になることもあります。

官局、使命感が強めの働き者タイプ!女性は男性運に注意

算命学の陽占が金性の星、車騎星と牽牛星に偏っている人は官局という特殊な運勢となります。闘争本能はずば抜けていて、競争の世界や動乱の環境では、力を発揮することができます。そのため、仕事運は強めです。女性の場合は異性関係が乱れやすいため、恋愛運・結婚運に注意しましょう。