三分法、十二大従星と年齢の関係で運勢を生かす方法がわかる!

算命学には年齢期を読み解く三分法という技法があります。初年期・中年期・晩年期の3つに分けることができます。ポイントになるのは、それぞれの時期にどの十二大従星が回ってきているか?それによって運勢の発揮する方法が変わり、運勢を生かしやすい命式をもっているかがわかります。

天中殺に入る前の2年間に起きる「天中殺の前兆現象」に注意!

算命学の占いの技法天中殺。この天中殺に入る前の2年間に「天中殺の前兆現象」と呼ばれる、天中殺に起きる出来事を教えてくれます。恋人との別れ、転職、金銭問題、事故など、どのような現象が天中殺に待っているのか。また、それを未然に防ぐためにも「前兆現象」を意識しておきましょう。

天中殺とは何か?悪い運勢を乗り切るための過ごし方

算命学の占いの技法の中でも最も有名なのが天中殺です。天中殺=悪いと思われがちですが、実は必ず悪い出来事が起きるわけではありません。上手く生かすことができれば、良い運勢に変わることもあるぐらいです。天中殺をプラスに変えるための過ごし方について解説します。

算命学の陽占の十二大従星、天馳星

算命学の十二大従星の天馳星。現生から去ってあの世に飛び立った霊魂の状態です。そこには過去も未来もない、「今」という瞬間エネルギーに優れた能力をもつことになり、一瞬の閃きにも優れています。多忙になりやすく同時にいくつもの仕事をこなせる星です。

算命学の陽占の十二大従星、天庫星

算命学の十二大従星の天庫星。この星は「研究家の星」とも呼ばれ、没頭してのめり込んでいくことがあります。その世界のスペシャリストになることもあるでしょう。古い物を探求していくことも向いていて、考古学者のような生き方も悪くはありません。マイペースな凝り性タイプ。

算命学の陽占の十二大従星、天極星

算命学の陽占の十二大従星の天極星。死人の状態で全てを受け入れることができる「無」の状態でもあります。そのため、環境や人の影響を受けやすく、人が集まってきやすくもあります。哲学的な思考をしやすく、悪くなると考え素てしまいますが、深く本質的に物事を捉えることができる星でもあります。

算命学の陽占の十二大従星、天胡星

算命学の十二大従星。今回は病人の状態を表す天胡星。精神性が高く、想像力や感受性も豊かなため、芸術方面での才能をもった星です。恋愛ではロマンチックな面を持ち、恋を楽しめる星でもあります。肉体的には強いわけではないので、クリエイティブな世界が向いています。