方三位、一点集中で深く掘り続けていく運勢

算命学の陰占から導き出す位相法。今回は方三位について。位相法の中では合法の運気にあたり、発展性のある運勢です。マニアックに一つの分野を深めていくことができるので、研究職や職人のような世界で活躍できることもあるでしょう。方三位の生かし方について詳しく解説します。

半会、エレベーターで一気に上昇するような発展の運勢

算命学の陰占を使ってみる技法の一つ位相法についてです。今回は「半会」について解説します。半会はエレベーターで一気に上るかのような発展の運勢をもつ組み合わせです。後天運では必ず誰もが回ってくるのでチェックしておきましょう!

三合会局(位相法)、世界に羽ばたくスケールの大きい運勢

算命学の陰占の技法の一つ位相法。今回はその中から三合会局を紹介します。スケールの大きい運勢をもつ三合会局は、夢をもってチャレンジしていくことが大切です。大きな目標に向かっていけrれば、普通の人がたどり着かない高みにたどりついて、世界的な成功を手にすることも夢ではありません。

三分法、十二大従星と年齢の関係で運勢を生かす方法がわかる!

算命学には年齢期を読み解く三分法という技法があります。初年期・中年期・晩年期の3つに分けることができます。ポイントになるのは、それぞれの時期にどの十二大従星が回ってきているか?それによって運勢の発揮する方法が変わり、運勢を生かしやすい命式をもっているかがわかります。

天中殺に入る前の2年間に起きる「天中殺の前兆現象」に注意!

算命学の占いの技法天中殺。この天中殺に入る前の2年間に「天中殺の前兆現象」と呼ばれる、天中殺に起きる出来事を教えてくれます。恋人との別れ、転職、金銭問題、事故など、どのような現象が天中殺に待っているのか。また、それを未然に防ぐためにも「前兆現象」を意識しておきましょう。

天中殺とは何か?悪い運勢を乗り切るための過ごし方

算命学の占いの技法の中でも最も有名なのが天中殺です。天中殺=悪いと思われがちですが、実は必ず悪い出来事が起きるわけではありません。上手く生かすことができれば、良い運勢に変わることもあるぐらいです。天中殺をプラスに変えるための過ごし方について解説します。

算命学の陽占の十二大従星、天馳星

算命学の十二大従星の天馳星。現生から去ってあの世に飛び立った霊魂の状態です。そこには過去も未来もない、「今」という瞬間エネルギーに優れた能力をもつことになり、一瞬の閃きにも優れています。多忙になりやすく同時にいくつもの仕事をこなせる星です。