刑(位相法)、人間関係のトラブルに注意の運勢

運勢を見る技法の一つ、位相法についてです。

今回は位相法の分類では、散法にあたる「刑」についてです。

刑は11種類あるので、覚えるのが大変で見逃しやすくはありますが、普段から人間関係に問題が出やすい人は、よくチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

刑の種類

位相法は算命学の陰占の中の地支と呼ばれる、十二支の組み合わせによって判断します。

刑が成立する十二支の組み合わせは11種類です。

寅ー申

巳ー寅

巳ー申

子―卯

丑ー未

未―戌

丑ー戌

辰ー辰

午ー午

酉ー酉

亥ー亥

例えば、下記の命式には刑があります。

申ー巳の刑が成立します。

位相法の中でも刑だけは特別で、刑の中でさらに4種類に分けることができます。

・勢気刑

巳ー寅・巳ー申・寅ー申

・旺気刑

子ー卯

・庫気刑

丑ー未・丑ー戌・未―戌

・自刑

辰ー辰・午ー午・酉ー酉・亥ー亥

刑の種類によって多少意味は変わってきます。

それぞれの刑の違いがわかれば、より詳細に運勢を判断できるようになります。

刑の運勢

刑の種類によって運勢の意味合いが多少変わるものの、どの刑にも共通した運勢の影響があります。

その中でも最も注意しなければいけないのが、「人間関係のトラブル」です。

刑は言葉がきつくなりやすく、それが原因で人と揉め事を起こす恐れがあります。

また、陰口をたたくことも増え、信頼を失う危険性もあるでしょう。

それ以外にも、「二面性」が表れ、内と外で違うを顔を見せ、それが葛藤に繋がっていくこともあります。

さらに、同時に二つの仕事や二つの物事と関りができやすくなるのも、刑の特徴の一つです。

続いて、それぞれの刑の運勢について解説していきます。

刑の違いによって、どのような相手とトラブルを起こしやすいかが見えてきます。

・勢気刑の運勢

年下や後輩など、目下の人とのトラブルに注意が必要です。

それから、物事のスタートでつまずきやすくもなるため、最初は慎重さをもって確実に進めていくと良いでしょう。

・旺気刑の運勢

友人や同僚との間にトラブルが起きやすくなります。

それから、カッとなりやすく、特に仕事場でトラブルには注意が必要です。

・庫気刑の運勢

親や先輩など、目上の人とのトラブルに注意が必要です。

それから、物事の終わりで問題が起きやすく、まとめることが苦手になります。

・自刑の運勢

配偶者との間に問題が起きやすくなります。

また、自分の中で迷いやすくもなるため、葛藤を起こして思い悩むこともあります。

刑の後天運

宿命に刑を持っていない人も、後天運では必ず刑が回ってくる時期があります。

後天運で回ってくる場合も、刑のもつ「人間関係でのトラブルに注意」は変わりません。

ただし、宿命の日・月・年のどの柱に回ってくるかによって多少意味が変わるので、それをチェックして、より詳細に理解しておくと事前に対処することもできるでしょう。

年の柱の刑

上記の命式を使って説明します。

年は「壬子」です。

子は卯が回ってくると旺気刑が成立します。

旺気刑の運勢の意味にプラスして、スタートでつまづきやすくなり、軌道に乗るまでに時間がかかります。

何かを始める時は、諦めずにしぶとく頑張っていくことが必要です。

月の柱の刑

月は「甲辰」です。

辰は同じく辰が回ってきた時に自刑が成立します。

自刑の運勢の意味にプラスして、仕事の人間関係でのトラブルや今の自分に不安を覚え、今やっていることに迷いが生じる恐れがあります。

迷いつつも自分を信じて突き進んでいく強さが必要です。

日の柱の刑

日は「己巳」です。

巳は申or寅が回ってきた時に勢気刑が成立します。

勢気刑の意味にプラスして、恋人や配偶者との口喧嘩に注意が必要です。

さらには、結果に対して非難を受けることもあります。

周りの声を気にし始めると危険です。

できるだけ、余計な声はシャットアウトすることを心がけると良いでしょう。

まとめ

刑は人間関係とのトラブルのように、注意しなければいけない運勢ではあります。

しかし、二つのことを同時にこなせる運勢もそなわるので、そこを生かせられれば多才性として、可能性は大きく広がっていきます。

二つの組織や二つの仕事など、複数の視野をもつことを意識してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする