算命学の技法の中で最も有名な天中殺

この天中殺は、運勢の重要な時期として活用していくのがポピュラーですが、それ以外に天中殺での性格判断にも利用できます。

6種類ある天中殺には、それぞれの特徴があり、特に家系との関係性を見ていく上では、天中殺を欠かすことはできません。

今回は、子と丑の年に天中殺を迎える子丑天中殺について解説します。

 

子丑天中殺の長所と短所

子丑天中殺は、北方世界が不自然な状態になっている天中殺といわれ、北方世界の「親」「目上の人」の問題を抱えます。

その代わり、南方世界へと引き寄せられ、南方世界の「子供」「部下」「明るさ」が強まります。

まとめると子丑天中殺のキーワードは、「初代運」「大器晩成」「楽天家」になります。

 

子丑天中殺のキーワード:「初代運」

子丑天中殺は北方世界が不自然になるため、北方世界の一つ「親」が欠ける運勢です。

そのため、親との縁が薄まり、親から離れて独立独歩の道を進もうとします。

その結果、親や家系の跡を継ぐことなく、初代運として自力で頑張る特徴をもちます。

子丑天中殺の人なら、上京するのも良いですし、一人暮らしをするのもあっています。

とにかく、親や家系から離れて、新しい時代を築いていきましょう。

いつまでも親に支えられていると、目上の人に対して反発心をもつことから、親に反発して親子関係に亀裂が入る恐れもあります。

 

子丑天中殺のキーワード:「大器晩成」

子丑天中殺は「目上の人」も欠けてしまい、上司に恵まれなかったり、年上の人から助けてもらえることが少なかったり、若い頃は苦労しやすい特徴があります。

しかし、年下から助けられる運は強く、目下の人には恵まれます。

子供ができやすかったり、部下が助けになったり、年下との関係性はとても良好です。

そのことから、目下の人が増えていく晩年に運勢が開花しやすい大器晩成型となります。

 

子丑天中殺のキーワード:「楽天家」

子丑天中殺が強く影響を受ける南方世界は、「明るさ」「快楽」「希望」という意味があります。

そのため、子丑天中殺の人は楽天家になりやすく、ノリも良くなります。

楽し気な雰囲気を漂わせ、場を明るくすることもできるため、ムードメーカーとなって人気者ポジションを手にすることもあるでしょう。

カジュアル過ぎて「軽い人」と思われて疑いをもたれることもありますが、話せばわかってもらえる人です。

 

子丑天中殺の有名人

小泉純一郎(元総理大臣)、田中将大(プロ野球選手)、福原愛(卓球選手)、桑田佳祐(ミュージシャン)、坂本龍一(ミュージシャン)、明石家さんま(お笑い芸人)、萩本欽一(お笑い芸人)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

10/24横浜、10/28大宮、10/30品川へ出張鑑定

 

出張鑑定のご予約

 

鑑定ご希望の方はこちら

 

占い鑑定のご予約

 

LINEトークでも鑑定予約ができます

 

LINEで鑑定を予約する

おすすめの記事