算命学の陽占の十大主星、司禄星

算命学は陽占と陰占に分かれ、陽占は主に性質を見ることができます。

陽占は10個の主星と12個の従星から成り立ち、主星を十大主星、従星を十二大従星と呼びます。

今回は十大主星の一つ司禄星について、説明していきましょう。

スポンサーリンク

司禄星

司禄星は算命学のベースとなる五行では「土」にあたり、陰陽では陰の星にあたります。

まずは、司禄星の特徴となるキーワードを並べてみましょう。

「家」「裏」「地」「貯」「民」

司禄星のキーワード:「家」

司禄星は家庭的な面をもっています。

家庭をもつと家への思いはより強くなり、家庭を優先した生き方選択することもあるでしょう。

家を好む人も多く、行動範囲は狭くなりがちです。

人間関係も狭い関係性を大切にして、一つ一つ丁寧に付き合っていく方が向いています。

住まいや関係性も変化よりも継続を好み、落ち着く場所を見つけようとします。

家庭をもつことで、より幸福感や安定度が増す星です。

司禄星のキーワード:「裏」

目立つことをあまり好まず、裏方とし縁の下の力持ち的ポジションでいることを好みます。

「支える」がキーワードとなり、秘書のようなサポートやフォローすることは得意です。

控え目で謙虚な性格にもなりやすいため、地味目な生き方を好み、雰囲気も地味目になることがあります。

でもそれが、親しみやすさに繋がり、どんな環境にも違和感なく溶け込んでいけるはずです。

集団の中にいたら一歩下がって見守るタイプです。

司禄星のキーワード:「地」

地に足をつけるように安定を好みます。

それは、日々の生活の安定であったり、経済的な安定であったり、現実面で安定を手にすることが必要です。

もし安定が得られず経済的な不安が押し寄せてくると、途端に弱腰になり精神的な動揺が激しくなるでしょう。

自分のホームとなる「地」をもつことがスタートです。

それは、先ほど出てきた家も一つですし、収入減をちゃんと確保するための仕事もその一つです。

それらを得られることで、司禄星は伸び伸びとしてきて、本来の魅力も発揮できることでしょう。

地から山を作っていくには、時間をかけて積み重ねて行く必要があるように、積み重ね型タイプです。

階段を上っていくように一歩ずつ前進して、リスクの少ない堅実で確実なやり方が向いています。

心配性にもなりやすいでしょう。

司禄星のキーワード:「貯」

金運は良い方ではありませんが、一攫千金は向かず、貯蓄型で確実に財をつかんでいく星です。

人によっては節約が行き過ぎて、ケチになる場合もあるでしょう。

ただし、資格の勉強のように必要なことであれば、貯めたお金を一気に使うことができる大胆な面も持っています。

お金だけでなく物を溜め込む収集家的要素も持っています。

それ以外にも資料を止めたり、勉強のノートをまとめたり、地道にコツコツと積み重ねていくことは得意な方です。

人も集まってきやすいでしょう。

司禄星のキーワード:「民」

庶民的な性質をもち、フラットな付き合い方ができる人です。

仕事もセレブを相手にするよりも、一般大衆を相手にする方が向いています。

背伸びじて大きく見せるることやカッコつけた振る舞いは、長くは続きません。

できるだけ等身大の自分でいられるような、そんな環境づくりを心がけましょう。

分け隔てなく誰でも受け入れる寛容さを心がけると、人に恵まれる星になっていきます。

司禄星の有名人

萩本欽一、伊集院光、太田光(爆笑問題)、千原ジュニア(千原兄弟)、黒木瞳、大竹しのぶ、木村多江

スポンサーリンク

シェアする

フォローする