局法一覧

印局、新しい時代を築く知性派タイプ

算命学の陽占から導き出す局法。その中から八相局の一つ、「印局」を紹介します。印局は、知能指数が高く、人とは違う道を歩む、改革者的な運勢をもっています。そのため、人真似では独自路線を突き進むことが大切です。考え過ぎて秘密主義になることもありますが、それがミステリアスな魅力になることもあります。

官局、使命感が強めの働き者タイプ!女性は男性運に注意

算命学の陽占が金性の星、車騎星と牽牛星に偏っている人は官局という特殊な運勢となります。闘争本能はずば抜けていて、競争の世界や動乱の環境では、力を発揮することができます。そのため、仕事運は強めです。女性の場合は異性関係が乱れやすいため、恋愛運・結婚運に注意しましょう。

財局、愛と財に恵まれる運勢

算命学の陽占が禄存星と司禄星に偏る命式を財局と呼びます。八相局の一つで特殊な運勢をもち、特に恋愛運と金運に恵まれます。ただし、お金を稼ごうと思うと稼げず、お金に捉われない生き方ができた時に稼ぐことができます。恋愛はモテる運を持ちますが、異性関係が乱れ過ぎないよう注意しましょう。

食局、知能指数高めの学者&芸術家タイプ

算命学の陽占が鳳閣星と調舒星に偏っている命式を食局と呼びます。この星は、知能指数が高く学者や芸術家、哲学者などで非凡な才能を発揮する運勢をもち、現実社会よりも精神世界向きの人です。有名なところでは、手塚治虫さんが準食局に入っています。

劫局、策略家の社交タイプ

算命学の陽占が貫索星と石門星に偏ると、劫局と呼ばれる局法に入ります。その場合は、普通の人とは違う特殊な運勢をもち、スケールの大きい行き方が合っています。また、頭脳明晰で参謀役が向くため、陰の支配者として活躍することもあるでしょう。味方にすると心強く、敵にすると怖い星です。

鳳蘭局、個性的で創始者になれる運勢をもつ!

算命学の陽占で見る局法を紹介します。今回は十大主星に偏りをもつ鳳蘭局です。個性に溢れエネルギーも強烈です。人真似ではない自分らしい生き方が求められます。普通の結婚が合わず、悪妻・悪夫や海外の人であれば、上手くいきやすいでしょう。運勢を発揮できれば、大きな性向をつかめる星です。